MENU

フューレック

フューレック フューレック

検索結果

該当作品20作品

破壊

1948年に木下恵介監督、1962年に市川崑監督も映画化した島崎藤村の名作「破戒」を間宮祥太朗主演で60年ぶりに映画化。

公開年
監督
前田和男

邦画 ドラマ ヒューマン 人権

コーダ あいのうた【PG12】

家族の中でただひとり耳の聞こえる少女の勇気が、家族やさまざまな問題を
力に変えていく姿を描いたヒューマンドラマ。
2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイク。
第94回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞。3部門を受賞。 
≪日本語吹替字幕付き版も上映可≫

公開年
監督
シアン・ヘダー

洋画 ファミリー ドラマ ヒューマン 音楽・舞台 人権 感動 日本語字幕付き 上映可

ひまわり

ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニというイタリアの2大スターを
主演に迎え、戦争によって引き裂かれた男女の愛を描いたドラマ。

公開年
監督
ビットリオ・デ・シーカ

洋画 戦争 ドラマ ヒューマン 人権

すばらしき世界

「ゆれる」「永い言い訳」の西川美和監督が役所広司と初タッグを組んだ人間ドラマ。これまですべてオリジナル脚本の映画を手がけたきた西川監督にとって初めて小説原案の作品となり、直木賞作家・佐木隆三が実在の人物をモデルにつづった小説「身分帳」を原案に、舞台を原作から約35年後の現代に置き換え、人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の再出発の日々を描く。

公開年
監督
西川美和

邦画 ドラマ 人権

映画 太陽の子

柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の共演で、日本の原爆開発を背景に時代に翻弄された
若者たちの姿を描き、2020年8月にNHKで放送されたドラマ「太陽の子」を、
ドラマ版とは異なる視点で描いていく劇場版。

公開年
監督
黒崎博

邦画 戦争 ドラマ ヒューマン 人権

日本独立

第2次世界大戦直後のGHQ占領下の日本を舞台に、一刻も早い日本の独立を求めて尽力した吉田茂と白洲次郎を描いた人間ドラマ。

公開年
監督
伊藤俊也

邦画 戦争 ドラマ 人権

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

片渕須直監督がこうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た「この世界の片隅に」に、新たなシーンを追加した長尺版。

公開年
監督
片渕須直

邦画 アニメ 戦争 人権

存在のない子供たち【PG12】

長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることができずに生きる12歳の少年の目線を通し、中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ。

公開年
監督
ナディーン・ラバキー

洋画 ドラマ 人権

グリーンブック

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。

≪バリアフリー版の上映可≫

公開年
監督
ピーター・ファレリー

洋画 ドラマ ヒューマン 人権

母さんがどんなに僕を嫌いでも

小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。

公開年
監督
御法川修

邦画 ドラマ ヒューマン 人権