MENU

フューレック

フューレック フューレック

上映作品をシーンで選ぶ

作品一覧

該当作品 360 作品

映画  めんたいぴりり

辛子明太子を日本で初めて製造、販売した「ふくや」の創業者・川原俊夫をモデルに、2013年に放送された同名テレビドラマの劇場版。

公開年
監督
江口カン

邦画 ドラマ ヒューマン


ペット2

「ミニオンズ」「SING シング」のイルミネーション・エンターテインメントが手がけ、飼い主がいない間のペットたちが巻き起こす騒動を描いた人気アニメ「ペット」のシリーズ第2弾。

公開年
監督
クリス・ルノー

アニメ ファミリー


今日も嫌がらせ弁当

シングルマザーの母親と反抗期の娘が弁当を通じて交流する様子をつづり、ブログから書籍化もされて人気を集めた同名エッセイを、篠原涼子と芳根京子の共演で映画化。

公開年
監督
塚本連平

邦画 ファミリー ドラマ


空母いぶき

「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの姿を描く。

公開年
監督
若松節朗

邦画 ドラマ


洗骨

「ガレッジセール」のゴリの監督・主演で、数々の映画祭で好評を博した2016年製作の短編映画「born、bone、墓音。」を原案に、ゴリが本名の照屋年之名義で監督・脚本を手がけた長編作品。沖縄の離島・粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに、家族の絆や祖先とのつながりをユーモアを交えて描いていく。

公開年
監督
照屋年之

邦画 ドラマ ヒューマン


サムライマラソン【PG12】

「超高速!参勤交代」の原作・脚本で知られる土橋章宏が、日本のマラソンの発祥と言われる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材に執筆した小説「幕末まらそん侍」を、主演の佐藤健をはじめ日本を代表する豪華キャストの共演で映画化。

公開年
監督
バーナード・ローズ

邦画 ドラマ 時代劇 ヒューマン


母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

家族の絆を描いた宮川サトシの自伝エッセイ漫画を「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣のメガホン、安田顕主演で実写映画化。

公開年
監督
大森立嗣

邦画 ドラマ ヒューマン


名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)

大ヒットアニメシリーズ「名探偵コナン」の劇場版23作目。劇場版シリーズでは初めての海外となるシンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎と事件が巻き起こる。

公開年
監督
永岡智佳

邦画 アニメ


荒野にて

「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督が、孤独な少年と一頭の馬の歩む旅路を描いた人間ドラマ。「ゲティ家の身代金」にも出演した
新星チャーリー・プラマーが主人公チャーリーを演じ、第74回ベネチア国際映画祭で
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

公開年
監督
アンドリュー・ヘイ

洋画 ドラマ ヒューマン


ビリーブ 未来への大逆転

「博士と彼女のセオリー」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ主演で、実話をもとに史上初の男女平等裁判に挑んだ女性弁護士を描いたドラマ。

公開年
監督
ミミ・レダー

洋画 ドラマ ヒューマン


サスペリア【R15+】

映画史に名を刻むダリオ・アルジェントの傑作ホラーを、「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が大胆にアレンジし、オリジナル版とは異なる視点から新たに描いた。

公開年
監督
ルカ・グァダニーノ

洋画 ホラー


キセキの葉書

うつ病と認知症を併発した郷里の母のため、笑える絵葉書を毎日送り続けた女性の実話を映画化。テレビ番組「エチカの鏡」で紹介され書籍化もされたエピソードをもとに、「邂逅」のジャッキー・ウー監督がメガホンをとった。

公開年
監督
ジャッキー・ウー

邦画 ドラマ ヒューマン


日日是好日

茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイを映画化した人間ドラマ。母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く。

公開年
監督
大森立嗣

邦画 ドラマ ヒューマン


映画 ドラえもん のび太の月面探査記

国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ39作目。
直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」、ドラえもんのひみつ道具を各章のタイトルに起用した「凍りのくじら」などで知られる人気作家の辻村深月が、
映画脚本に初挑戦し、月面を舞台にドラえもんとのび太たちの冒険を描いた。

公開年
監督
八鍬新之介

邦画 アニメ アドベンチャー


映画 コラショの海底わくわく大冒険!

ベネッセコーポレーションの小学生向け通信教育「進研ゼミ 小学講座」のキャラクター「コラショ」の誕生20周年を記念して製作された長編アニメーション映画。

公開年
監督
奥村よしあき

邦画 アニメ ファミリー アドベンチャー


母さんがどんなに僕を嫌いでも

小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。

公開年
監督
御法川修

邦画 ドラマ ヒューマン 人権


今度の日曜日に

大切なものはすぐそばにある。
『蝉しぐれ』市川染五郎主演、
ガラス瓶に輝く心のふれあいを描く感動作。

公開年
監督
けんもち聡

邦画 ドラマ ヒューマン


グリンチ

「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」など、数々の人気アニメを生み出すアニメーションスタジオのイルミネーション・エンターテインメントが、2000年にジム・キャリー主演で実写映画化もされたドクター・スースの名作絵本に登場するアメリカの国民的キャラクター「グリンチ」を、新たにアニメ映画化。

公開年
監督
スコット・モシャー /ヤーロウ・チェイニー

洋画 アニメ ファミリー


若おかみは小学生!

累計発行部数300万部を誇る人気児童文学シリーズ「若おかみは小学生!」を
アニメーション映画化。

公開年
監督
高坂希太郎

アニメ ファミリー


カメラを止めるな!

監督・俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾となる異色ゾンビムービー。オムニバス『4/猫 -ねこぶんのよん-』の一作を担当した上田慎一郎が監督と脚本と編集を務めた。ゾンビ映画を撮っていたクルーが本物のゾンビに襲われる様子を、およそ37分に及ぶワンカットのサバイバルシーンを盛り込んで活写する。出演者は、オーディションで選ばれた無名の俳優たち。

公開年
監督
上田慎一郎

邦画 ドラマ


オズランド 笑顔の魔法をおしえます。

波瑠と西島秀俊の共演で、「海猿」や「S 最後の警官」の原作者としても知られる小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。

公開年
監督
波多野貴文

邦画 ドラマ


この道

「あめふり」「ペチカ」「この道」など数々の童謡を残した詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、音楽家・山田耕筰との友情とともに描いていくヒューマンドラマ。

公開年
監督
佐々部清

邦画 ドラマ ヒューマン


『ローリング』などの三浦貴大を主演に迎えたヒューマンドラマ。理学療法士として患者に寄り添う主人公が、苦悩しながらも前進する姿を映し出す。元理学療法士の榊原有佑監督がメガホンを取り、主人公の妹を白石聖、父親をベテランの鶴見辰吾が好演。榊原監督が理学療法士時代に経験した出来事を基に物語が紡がれる。

公開年
監督
榊原有佑


寝ても覚めても

第32回野間文芸新人賞に輝いた柴崎友香の小説を映画化したラブストーリー。
突然行方をくらました恋人を忘れられずにいる女性が、彼とうり二つの男性と出会って揺れ動くさまを追う。

公開年
監督
濱口竜介

邦画 ドラマ 恋愛


鈴木家の嘘【PG12】

『まほろ駅前』シリーズや『舟を編む』などの助監督を務めてきた野尻克己がメガホンを取ったヒューマンドラマ。長男の急死から立ち直ろうとする家族の姿を映し出す。出演はドラマシリーズ「ドクターX」などの岸部一徳、『それでもボクはやってない』などの加瀬亮、『ハゲタカ』などの大森南朋をはじめ、原日出子、木竜麻生、岸本加世子、宇野祥平ら。

公開年
監督
野尻克己

邦画 ドラマ ヒューマン


検察側の罪人

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。
「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、
ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。

公開年
監督
原田眞人

邦画 ドラマ


ジュラシック・ワールド 炎の王国

シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。

公開年
監督
J・A・バヨナ

洋画 ファミリー アドベンチャー


羊と鋼の森

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。

公開年
監督
橋本光二郎

邦画 ドラマ ヒューマン


ボス・ベイビー

外見はかわいらしい赤ちゃんだけど中身はおっさんな「ボス・ベイビー」が巻き起こす騒動を描き、全米大ヒットを記録したアニメーション映画。
「怪盗グルー」シリーズのユニバーサル・スタジオと「シュレック」のドリームワークス・アニメーションが初タッグを組み、マーラ・フレイジーの絵本「あかちゃん社長がやってきた」をもとに、「マダガスカル」シリーズのトム・マクグラスが監督を務めた。

公開年
監督
トム・マクグラス

洋画 アニメ ファミリー コメディ


散り椿

名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。

公開年
監督
木村大作

邦画 ドラマ 時代劇

該当作品 360 作品
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ