MENU

フューレック

フューレック フューレック

上映作品をシーンで選ぶ

学校・教育平和学習に

該当作品77作品

いのちの停車場

吉永小百合が医師役に挑んだ社会派ヒューマンドラマ。

公開年
監督
成島出

邦画 ドラマ ヒューマン


天外者(てんがらもん)

三浦春馬が主演を務め、近代日本経済の基礎を構築し希代の
“天外者(てんがらもん)=すさまじい才能の持ち主”と称された
偉人・五代友厚の人生を描いた歴史群像劇。

公開年
監督
田中光敏

邦画 ドラマ ヒューマン 歴史


スパイの妻 劇場版

第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。2020年6月にNHK BS8Kで放送された黒沢清監督、蒼井優主演の同名ドラマを
スクリーンサイズや色調を新たにした劇場版として劇場公開。

公開年
監督
黒沢清

邦画 戦争 ドラマ スパイ


ミッドウェイ

「インデペンデンス・デイ」「ホワイトハウス・ダウン」のローランド・エメリッヒ監督が、第2次世界大戦(太平洋戦争)のターニングポイントとなったミッドウェイ海戦を描いた戦争ドラマ。

公開年
監督
ローランド・エメリッヒ

洋画 戦争 ドラマ


行き止まりの世界に生まれて

閉塞感に満ちた小さな町で必死にもがく若者3人の12年間を描き、
第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた作品。

公開年
監督
ビン・リュー

洋画 ドキュメンタリー ヒューマン


1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフに、
菅田将暉、小松菜奈演じる平成元年に生まれた男女の18年間を生活者からの
視点から見た平成史とともに描いていく

公開年
監督
瀬々敬久

邦画 ドラマ ヒューマン 恋愛


蜜蜂と遠雷

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、
「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。

公開年
監督
石川慶

青春 邦画 ドラマ 音楽・舞台


この世界の(さらにいくつもの)片隅に

片渕須直監督がこうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た「この世界の片隅に」に、新たなシーンを追加した長尺版。

公開年
監督
片渕須直

邦画 アニメ 戦争 人権


存在のない子供たち【PG12】

長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることができずに生きる12歳の少年の目線を通し、中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ。

公開年
監督
ナディーン・ラバキー

洋画 ドラマ 人権


グリーンブック

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。

公開年
監督
ピーター・ファレリー

洋画 ドラマ ヒューマン 人権


あん

「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した
名女優・樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。

公開年
監督
河瀬直美

邦画 ドラマ 人権


羊と鋼の森

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。

公開年
監督
橋本光二郎

邦画 ドラマ ヒューマン


チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

ごく普通の女子高生たちによるチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校の実話を、
広瀬すず、中条あやみ、天海祐希らの出演で映画化。

公開年
監督
河合勇人

青春 邦画 ドラマ 実話


エクレール・お菓子放浪記

作家・西村滋の自伝的作品「お菓子放浪記」を映画化。
監督は「ふみ子の海」の近藤明男。

公開年
監督
近藤明男

邦画 戦争 ドラマ ヒューマン


新世紀、パリ・オペラ座

世界最高峰を誇る芸術の殿堂パリ・オペラ座の舞台裏を描き、本国フランスで
ヒットを記録したドキュメンタリー。

公開年
監督
ジャン=ステファヌ・ブロン

洋画 ドキュメンタリー 音楽・舞台 オペラ座


ワンダー君は太陽

全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を、「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマ。

公開年
監督
スティーブン・チョボウスキー

洋画 ドラマ ヒューマン 人権


ガンジスに還る

インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛されたヒューマンドラマ。雄大なガンジス河を背景に、誰にでもいつか訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味を交えて描いた。

公開年
監督
シュバシシュ・ブティヤニ

洋画 ドラマ ヒューマン


あさひなぐ

なぎなたに青春をかける少女たちを描いた、こざき亜衣による漫画「あさひなぐ」を実写映画化。同漫画を乃木坂46の主演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版となり、乃木坂46きって人気メンバー、西野七瀬が主演を務める。

公開年
監督
英勉

青春 邦画 ドラマ


この世界の片隅に

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。
第40回日本アカデミー賞(2017年)最優秀アニメーション作品賞受賞。

公開年
監督
片渕須直

アニメ 戦争 ドラマ


聖の青春

難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、松山ケンイチ主演により映画化。監督は「宇宙兄弟」の森義隆、脚本を「リンダ リンダ リンダ」の向井康介がそれぞれ担当。羽生善治とは「東の羽生、西の村山」と並び称された村山を演じる松山は、役作りのため20キロ以上も重増。羽生役には東出昌大が扮した。

公開年
監督
森義隆

青春 邦画 ドラマ ヒューマン


ズートピア

動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に、ウサギの女の子ジュディが夢をかなえるために奮闘する姿を描いたディズニーアニメーション。第89回 アカデミー賞(2017年)長編アニメーション賞
第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)最優秀長編アニメーション映画賞受賞

公開年
監督
バイロン・ハワード/リッチ・ムーア

洋画 アニメ ファミリー 人権


八重子のハミング

「陽はまた昇る」「半落ち」の佐々部清監督が、4度のがん手術を受けた夫と、若年性アルツハイマー病を発症した妻の絆を、実話をもとに描く。

公開年
監督
佐々部清

邦画 ファミリー ドラマ ヒューマン


彼らが本気で編むときは、

「かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。生田斗真がトランスジェンダーという難しい役どころに挑み、桐谷健太がその恋人役を演じる。

公開年
監督
荻上直子

邦画 ドラマ ヒューマン 人権


ドリーム

1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。

公開年
監督
セオドア・メルフィ

洋画 ドラマ ヒューマン 実話 人権


出口のない海

人間の尊厳を描く戦争ドラマ。04年の映画賞を総なめにした「半落ち」の佐々部清監督が再び横山秀夫の原作に挑戦。
脚本に山田洋次、冨川元文。

公開年
監督
佐々部清

邦画 戦争 ドラマ ヒューマン 人権


聲の形

「週刊少年マガジン」に連載され、「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などで高い評価を受けた大今良時の漫画「聲の形」を、
「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーションと山田尚子監督によりアニメーション映画化。

公開年
監督
山田尚子

邦画 アニメ ドラマ 人権


おかあさんの木

小学校の国語教科書で長年にわたって愛され続けてきた大川悦生の同名児童文学を鈴木京香主演で映画化し、戦争で引き離された母と息子たちの普遍的な愛を描いたヒューマンドラマ。

公開年
監督
磯村一路

邦画 戦争 ドラマ ヒューマン


杉原千畝 スギハラチウネ

第2次世界大戦時、ナチスに迫害されたユダヤ難民にビザを発給して救いの手を差し伸べ、「日本のシンドラー」とも呼ばれた外交官・杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。

公開年
監督
チェリン・グラック

邦画 ドラマ ヒューマン 実話


おクジラさま ふたつの正義の物語

「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生監督が、捕鯨問題で世界的論争に巻き込まれた小さな漁師町を通し、歴史、宗教、イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は可能なのかを探っていくドキュメンタリー。

公開年
監督
佐々木芽生

邦画 ドキュメンタリー ドラマ


幕が上がる

劇作家・平田オリザが2012年に発表した処女小説を、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の主演で映画化。

公開年
監督
本広克行

青春 邦画 ドラマ

該当作品77作品
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ